歯磨き粉 成分 研磨剤

まずは歯磨き粉の研磨剤成分のチェック!

リン酸カルシウム
清掃剤
ヒドロキシアパタイト
重質炭酸カルシウム
炭酸ナトリウム
炭酸カルシウム
含水ケイ酸
無水ケイ酸
酸化チタン

 

 

これ全部、研磨剤です。
名前が違うので分からないですが、歯を擦る成分が含まれています。

 

 

ただし、勘違いしないで欲しいのが、研磨剤の成分がすべて悪い効果しかないのか?と言うとそうではありません。

研磨剤だから汚れを落とす。歯石を除去する。

確かに歯磨き粉に含まれる研磨剤は、エナメル質を傷つけることで知らています。

 

 

 

 

その反面、着色汚れを落とす。

 

 

こういった良い効果だってあるのです。
全てが悪いと言い切れません。

 

 

しかし、長年研磨剤で痛めつけられた歯の表面は、ボロボロになっている事が多々あります。

 

 

そうなってしまうと、見えない歯のキズ(隙間)に着色汚れが入り込み、汚れが目立つ歯になってしまうのです。

 

 

一時的には確かに汚れは落ちています。
しかし、長い目でみると、歯にとって良いことはないのです。

研磨剤がもたらす悪い面。それが知覚過敏です。

歯磨き粉に含まれる研磨剤の悪い面には、歯茎が下がり知覚過敏になり易いこともあります。

 

 

研磨剤で歯の表面を磨くので、歯茎が下がり、露出した歯の根元から刺激が伝わり、冷たい水がしみるようになってしまいます。

 

 

 

こうなってしまうと、もう大変です。
下がった歯茎は上に上がることはありません。

 

 

歯医者で知覚過敏の応急処置はできますが、基本は自宅でセルフケアになります。

 

 

 

テレビCMで目にするシュミテクなどの歯磨き粉で、露出した歯のケアをすることです。
こんな感じで、歯にとってあまり良いことはないので、出来るだけ研磨剤は敬遠するようにしましょう。

 

 

 

私は実際、研磨剤が入っていないポリリン酸配合の歯磨き粉を使っています。
研磨剤、香料、発泡剤不使用のイケてる歯磨き粉です♪

 

 

詳しく知りはたい人はポリリンジェルexで詳しく紹介しています。


お問い合わせ