オススメ ホワイトニング 歯磨き粉 ジェル 違い

ジェルタイプと練り状タイプの歯磨き粉なにが違うの!?

 

 

 

ジェルタイプとペーストタイプ(練り状)の違いは何か歯科医に相談した事があります。

 

 

 

歯科医曰く、大して変わりはありません!ってことでした。

 

 

 

ガーン!って感じですよね。
何か違いがあるから、ジェル状にしているのかなぁ!?って思うじゃないですか、普通。

 

 

でも実際は、大して差が無いみたい。

 

 

それよりも、歯磨き粉の成分の方に注目した方が良いよってアドバイスもらいました。

 

 

出来るだけ研磨剤が入っていない商品をお勧めします!って言ってました。
ただ、研磨剤が入っていない歯磨き粉で歯を磨くと、着色汚れ、茶渋が付きやすくなるので、その点は気を付けた方が良いみたい。

歯科医オススメのポリリン酸ナトリウム入り歯磨き粉。

私が使っている歯磨き粉にはポリリン酸配合、研磨剤、発泡剤、香料不使用の商品です。

 

 

こちらの記事で私が使っているポリリンジェルexの紹介しておきます!

 

 

ポリリン酸は、汚れを浮かして落とす効果があります。

 

 

余計な成分が入っていないので、歯磨き中に泡立ったり、香料があったりなんてしません。
ただただ、歯の表面ついた汚れを落とすだけです。

 

 

それでも、歯磨きって人それぞれクセがあって、磨き残しはどうしても出てきます。

 

 

特に奥歯とか、磨き難い歯の裏側とか。

 

 

そういった箇所に、着色汚れや歯石が溜まりやすいので、最低でも1年に一回は歯医者に行っていますよ。

 

 

それでも、ポリリン酸配合の歯磨き粉を使いだして、断然汚れが付きにくくなりました。
特に前歯に茶渋が付き難い!

 

 

これは嬉しいです♪
だって、前歯ってどうしても人の目につくじゃないですか。

 

 

それが汚れていたら印象悪いですからね。
それでけでも、ポリリン酸配合の歯磨き粉を試してみる価値あると思いますよ。

ちょっと待った!歯が白くならない理由は歯磨き粉が原因じゃない。

私は過去に数え切れない程ホワイトニング効果がある歯磨き粉を使ってきました。

 

 

 

 

残念ながらそのほとんどが、歯を白くする歯磨き粉ではありませんでした。

 

 

でもなぜ歯が白くならいのか!?
だってホワイトニングでしょ!?

 

 

そう思いますよね。

 

 

 

実は歯磨き粉でいくら歯の表面を磨いても、歯の内側までは白くしようがありません。
あくまでも、歯の表面の汚れを落とすだけ。

 

 

これが日本で売られている歯磨き粉の現状です。

 

 

じゃ、歯の内側の汚れを落とすにはどうしたらいいのさぁ〜、って声が聞こえてきそうですw

 

 

それは歯科医院か専門店でホワイトニングをするしかありません。
ホワイトニングと言っても、歯の内側を漂白する正真正銘のホワイトニングです。

 

 

これをすると、確実に歯は白くなります。
(個人差があるので、白くなるまで時間は掛かりますが。)

 

 

なので、今まで色々な歯磨き粉試してみたけど、歯が白くならない人は、何が原因か一度考えてみるといいかもね。


お問い合わせ